雇用保険(失業保険)の再就職手当について

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 雇用保険(失業保険)の再就職手当について

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

雇用保険(失業保険)の再就職手当について

雇用保険

就職(試用・研修期間、パート、アルバイト含む)や事業を開始することが決ったら、採用日(事業の場合は準備開始日)の前日にハローワークで就職の届出を行うと、基本手当の所定給付日数が残っている場合は、残日数に応じて再就職手当が支給されます。

【就職の届けに必要なもの】

  • 雇用保険受給資格者証
  • 失業認定申告書
  • 採用証明書

就職の届けの際に、再就職手当等の支給対象者には支給申請用紙が渡され申請することができます。

【残日数】

再就職手当が支給されるのは、所定給付日数の3分の1以上を残した場合で支給残日数の50%、3分の2以上残した場合で支給日数の60%に基本手当日額を掛けた金額となります。

基本手当日額 × 所定給付日数の残日数 × 50%又は60% = 再就職手当額

【再就職手当の支給要件】

  • 就職日の前日までの残日数が所定給付日数の3分の1以上あること
  • 1年以上勤務することが確実であること
  • 待機満了日後の再就職であること
  • ハローワーク又は職業紹介事業者の紹介により再就職したものであること
  • 離職前の事業主に再雇用されたものでないこと(密接な関係にある事業主も含む)
  • 3年以内の就職について再就職手当、又は常用就職支度手当の支給を受けていないこと
  • 求職申込み前から採用を約束された事業主に雇用されたものでないこと
  • 再就職が雇用保険の被保険者の要件を満たしていること(委任契約、委託契約は該当しません)

再就職手当を支給するための調査は申請書が提出された日から約1ヶ月後に行われ、調査後決定した場合は決定の日から約1周間で口座への入金が行われます。

この間に退職や、退職予定にある場合は支給の対象となりません。

また、ハローワーク等の紹介による就職が条件となっているため、ハローワークの公開求人や求人情報誌、知人の紹介等で直接応募して採用された場合も支給の対象となりません。

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

公的融資ドットコム

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。