freeeに代表されるクラウド会計ソフトのメリット・デメリットとその特徴について

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. freeeに代表されるクラウド会計ソフトのメリット・デメリットとその特徴について

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

freeeに代表されるクラウド会計ソフトのメリット・デメリットとその特徴について

クラウド会計ソフトへの注目度が高まってきている中、ソフトの導入を検討している経営者もいるでしょう。

そこで、クラウド会計ソフトとはどんなものか、メリット・デメリットや特徴は何か、税理士への会計業務依頼とはどう違うのかなどについてご紹介します。

クラウド会計ソフトfreeeとは?メリット・デメリットと注意点

freeeはクラウド会計システムソフトです。freeeを導入することによって、オンラインバンキングとの連動などによる入力作業の軽減や、経営数値のリアルタイム把握、請求書作成・債権債務消込作業の軽減や決算書の自動作成、さらには会計データを活用した経営分析ツールの充実など会計作業を効率化できるメリットが得られます。

また、ネットがつながればパソコンでもスマホでも場所を選ばす作業できること、最新状態の自動バックアップ、法改正などに対応した最新版ソフトの自動アップデートといった一般的なクラウド会計ソフトが持っているメリットも当然享受できます。

さらに、乗り換えサポートやチャット・メール・電話による質問対応も充実している点や中堅企業向けERP(企業の統合基幹システム)導入への展開ができる点、税理士向けに認定アドバイザー制度を導入して税理士を巻き込んだソフト普及を行っている点が特徴だといわれているソフトです。

デメリットとしてはランニングコストがかかること、ネット接続環境による作業スピードへの影響などがあげられます。

税理士の特徴や強みをクラウド会計ソフトと比較

クラウド会計ソフトを使って自前で会計処理を行っている会社もあれば、会計業務を税理士に依頼している会社もあります。

税理士とクラウド会計ソフトにはそれぞれ違った特徴や強みがありますので、それらを理解して賢く活用することが大切です。

税理士を顧問に付けるおすすめのポイントは、3つあります。

1つ目は、会計処理や税務処理に関する質問に専門家として答えてもらえることです。

2つ目は、経営面での的確なアドバイスが期待できることです。税理士は多くの会社の決算書を見ている経営の専門家でもあります。継続的に会計業務を行っている税理士であればその会社の状況を十分把握した上でのアドバイスが期待できるでしょう。

3つ目は税務監査対応です。経営者を代理して税務署への処理の背景説明などの対応をしてくれます。

税理士のおすすめポイントとしてあげた3点は、クラウド会計システムでは十分対応できない部分ですので税理士の強みといえるでしょう(参考:株式会社を設立したら税理士を付けるべき4つの理由)。

一方、スピードやコストについては、税理士に依頼する場合よりもクラウド会計ソフトを導入した場合の方が一般的には優位性があるといわれています。

クラウド会計ソフトはどんな人に向いている

フリーランスや個人事業主、小規模の会社はクラウド会計ソフト導入によるメリットが大きいと考えられます。

freeeなどのソフトを導入することによって会計業務の自動化やアップデート・バックアップの自動化もできますので、人件費負担を抑えながら日々の会計処理や決算書作成が可能です。

間接業務コスト負担をおさえたい小規模事業者には、クラウド会計ソフトは向いていると言えるでしょう。

一方、経営コンサルタントが必要な会社や複雑な国際取引など専門の税務知識が求められる事業会社、そして直接コミュニケーションをとって会計の疑問を解決したい会社は、税理士に依頼するメリットが大きいでしょう。

また、顧問料負担を吸収できる比較的大きな事業規模の会社も、税務調査対応や節税・経営アドバイスを受けられるメリットを考えると税理士に依頼する方が適しているといえます。

しかし、会計処理に関してはクラウド会計ソフトを活用し、税務調査対応と経営コンサルタントなどに関して税理士と顧問契約をして両者を併用することでメリットを最大化する選択肢もあります。

クラウド会計ソフトの特徴を知って賢く活用する

freeeに代表されるクラウド会計ソフトには低コストでさまざまな会計処理を自動化できるメリットがあります。

もちろん、クラウド会計ソフトだけでは税理士のような税務調査対応や専門性の高い経営・節税アドバイスなどの対応できませんので、会社の規模によっては税理士とクラウド会計ソフトを併用するのもよいでしょう。

クラウド会計ソフトのメリット・デメリットそして特徴などを正しく理解した上で賢く活用し、安心して事業に専念できる環境を作りましょう。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。