退職後の年末調整について解説

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 退職後の年末調整について

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

退職後の年末調整について

年末調整

給与所得者は、毎月の所得税を給料やボーナスから概算で控除されます。そのため、年末に納める税額の過不足を調整することを年末調整と言います。

中途退職をし、年内に再就職することができれば、新しい勤務先で前職の分も併せて年末調整をしてもらえますが、そうでない場合は、その年の年末調整を行うことができないため、払いすぎている場合も税金の還付を受けることができません。

納め過ぎた税金を還付してもらうためには、自分で確定申告を行うことになります。

この場合、必ず還付されるというわけではなく不足しているときは追徴されます。

【還付申告】

年間の所得金額に対して計算した所得税が納め過ぎた場合に確定申告することで還付されることを還付申告と言います。

還付申告は確定申告期間と関係なく翌年の1月1日以降5年間提出することができます。

国税庁のホームページ「確定申告等作成コーナー」で金額の入力を行うと、税額が自動計算され申告書の作成ができますので、電子申告(e-tax)又は印刷をして、必要書類と一緒に管轄の税務署に郵送するか、管轄の税務署で直接申告することができます。

【持参の際の必要書類】

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 生命保険・健康保険料等控除証明書
  • 印鑑
  • 振込口座の通帳
  • 医療費控除に必要な領収証等
  • 住宅ローン控除に必要な書類
  • 配偶者特別控除に必要な配偶者の収入証明

このように年の途中で転職や退職した場合でも年末調整は必要です。

転職した際は、前職の退職源泉徴収票を提出すると、併せて調整してもらうことができ、退職した際は確定申告を行うことにより、過払いの所得税が戻ってきます。また、年金や、国民保険料を払っていたのであればその分も申告することで還付金を受け取ることができます。

面倒ですが、所得税は戻ってくることが多いのと、翌年の住民税等にもかかわりますのできちんと申告を行いましょう。

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。