退職した後の確定申告の方法は3種類!自分にあった方法を選ぼう!

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 退職した後の確定申告の方法は3種類!自分にあった方法を選ぼう!

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

退職した後の確定申告の方法は3種類!自分にあった方法を選ぼう!

退職後の確定申告

会社に勤めて給与をもらっていた方で、年度途中に退職した場合は、その年の年末調整を前職の会社で行うことができません。

払い過ぎた税金を取り戻すためには自分で確定申告を行う必要があります。

退職による年末調整のための確定申告は、特に急いでする必要はなく、翌年の1月1日から5年の間に提出すれば、還付金を受けることができます。

ただ、税務署で確定申告をする場合は、所得税及び復興特別所得税・贈与税の申告が3月15日まで、個人事業者の消費税及び地方消費税の申告が3月31日までとなっているので、その期間は税務署の混雑が予想されます。

確定申告書類の提出方法は3種類あるので、自分に合った方法で申告ができます。

その1. 管轄の税務署で直接提出をする

管轄税務署で対応が異なる場合があるかもしれませんが、前職からもらう源泉徴収票と支払った生命保険等の控え、国民健康保険の支払い証明書等を持参するだけで、その場でパソコン入力し、完了します。

計算もパソコンが自動計算しますので、入力の漏れがなければ、その場で還付金の確認もでき、控えも出力してもらえます。

自分で作成した申告書類があればそれを添付書類と提出することもできます。

初めて申告する場合は、わからないことはすぐ教えてくれますし、一度行くと、次回から自分でできるように、「確定申告書作成コーナー」の操作マニュアルがもらえます。

税務署で入力するのも自分のパソコンで入力するのも同じ画面なので次回申告することがあれば、郵送やe-taxで簡単に済ませることができるでしょう。

その2. 管轄の税務署へ確定申告書類を郵送する

作成した申告書は添付書類と一緒に管轄税務署に送付することができますが、郵便物又は信書便物として送付する必要があります。

ゆうパック・ゆうメール・ポスパケットの小包郵便物は郵便物ではなくなりましたので、信書を送付することはできません。

確定申告書の控えが必要な場合は、返信用封筒に切手を貼って同封します。

申告書の作成は、国税庁のホームページに確定申告書類作成コーナーがあるので、そこから入力し、プリンターで出力します。

プリンターがない場合は、申告用紙が、支所等に置いてありますので手書きで記入するか、コンビニのプリントサービスを利用することもできます。

その3. e-taxを使ってインターネットで確定申告する

国税庁のホームページで確定申告書類作成コーナーがあるので、そこから入力しデータを送信することができます。

医療費の領収書や、源泉徴収票はその記載内容をそのまま入力することで添付書類としての提出が省略されます。また、24時間受付なので、空いた時間にいつでも申告することができます。

e-taxを利用するには、事前準備が必要となりますので、準備が整わなければ利用することができません。

  • 利用環境の確認
  • 電子証明書の取得
  • ICカードリーダライタの準備

e-taxが推奨されていますが、事前準備が面倒な場合は、申告書をパソコンで入力して作成したものを出力して送付するのが一番簡単な方法かもしれません。

※平成28年1月よりマイナンバー制度が導入されたため、平成28年度以降のからの確定申告については、マイナンバー(個人番号)と本人確認書類の提示又は写しが必要になります。

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
資金調達や資金繰りにお困りの方はこちら
事業融資のお悩み解決ユウシサポアイフルグループのビジネスローン ビジネクスト
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。