失業認定中でも申告しなければならない「就職・就労・内職・手伝い」(雇用保険・失業保険)

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 失業認定中でも申告しなければならない「就職・就労・内職・手伝い」

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

失業認定中でも申告しなければならない「就職・就労・内職・手伝い」

雇用保険の受給中に4週間毎の失業認定がありますが、失業認定の間に就職・就労・内職・手伝いをした際は必ず申告が必要となります。

就職・就労と、内職手伝い等では申告の方法が異なりますので、内容によって申告を正しく行います。内容について判断がつかない場合は必ずハローワークの担当者へ確認を行いましょう。

これらを偽り、申告した場合は、不正受給として処分されます。

【就職・就労】

※賃金等の報酬がなくても就職・就労とみなされます。

  • 雇用保険の被保険者となる場合
  • 1日の労働時間が4時間以上の雇用
    (契約期間が7日以上で、週の所定労働時間が20時間以上、かつ週の就労日が4日以上の場合は就職しているものとみなされます)
  • 1日の労働時間を問わず会社の役員に就任した場合(非常勤等で1日の収入が内職収入の控除額に達しない場合は除く)
  • 自営業の準備、商業・農業等の家業に従事、請負、委託、在宅の内職、ボランティアをした場合で1日の労働時間が4時間以上である場合
  • 上記のボランティア等の活動を行い、1日の労働時間が4時間未満であったが、ハローワーク等の紹介に応じることができず、求職活動が行えなかった場合

【内職・手伝い】

※内職・手伝いで収入を得ない場合でも、申告は必要であり、収入があった場合は金額にかかわらず、その収入金額を申告する必要があります。

  • 自営業の準備、商業・農業等の家業に従事、請負、委託、在宅の内職、ボランティアをした場合で1日の労働時間が4時間以内である場合(雇用保険の被保険者となる場合は除く)
  • 上記のボランティア等を行い、1日の労働時間が4時間以上であったが、収入額が1日当たり賃金日額の最低額であった場合。

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。