ビジネスローンの金利&手数料徹底比較【2016年度最新版:主要会社別】

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. ビジネスローンの金利&手数料徹底比較【2016年度最新版:主要会社別】

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

ビジネスローンの金利&手数料徹底比較【2016年度最新版:主要会社別】

はじめに

創業者の強い味方であるビジネスローン。

ビジネスローンは各社によって金利も手数料も異なるため、使用するタイミングで最新状況での各社比較を把握しておくことが大切です。

ビジネスローンについて代表的な10社の商品詳細から、2016年度最新版でのビジネスローン比較を行ってみました。

なお各社に共通することですが、ビジネスローンは「事業性融資」に該当するため、「総量規制」の対象外となっています。

総量規制とは、個人の借入総額が原則、年収等の1/3に限定される仕組みをいいます。

ビジネスローンはこの総量規制の対象外となるため、必要に応じていくらでも借入れることが可能です。

言い換えると借入金の管理は申込者の管理がすべてになるため負債が増えたり、最悪の場合カード破産をしてしまったりする可能性を秘めています。

借入金の管理には注意が必要です。

ただ、事業経営をしていればつなぎ資金の調達など、急な資金需要に対応しなければならない場面も出てきます。急な資金調達が必要になった場合でも、一旦冷静になって、可能な限り、金利・手数料が低額なものを選択するようにしましょう。

急な資金需要に冷静かつ素早く対応できるように、当ページで各ビジネスローンの金利や手数料等、把握しておいてもらえればと思います。各社一長一短ありますので、実際に借入を起こす際は慎重に検討しましょう。

目次

1、ORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)

参考:オリックスカードローン公式

融資までのスピードが早く、最短即日の融資が可能なオリックスグループのビジネスローンです。

借入金利の目安14.9%(借入額100万円時の目安)は類を見ないほどの低金利。

また、運転資金や繋ぎ資金などの経営者の急を要する資金ニーズに、最大500万円まで借りることができます。

無担保型、無保証型のローンが準備されているのも経営者の強い味方です。

△ページトップに戻る

2、ビジネクスト

参考:ビジネクスト公式

無担保、無保証で最大1,000万円まで借り入れることができます(新規取引時は最大500万円)、契約利率も、利用限度額100万円以上は8.0%~15.0%、100万円未満は13.0%~18.0%と低金利での借入が可能です。

ビジネクストのビジネスローンのメリット

  • 年会費・保証料が無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • 来店不要

ビジネスローンの利用者は時間に追われているため、できれば来店のないままに入金まで手続きを済ませたいもの。来店不要で即日入金や買掛債権の支払いなどが可能ともなれば、とても魅力的です。

△ページトップに戻る

3、融活力(三菱東京UFJ銀行)

参考:ビジネスローン「融活力」

日本一のメガバンクである三菱東京UFJ銀行が運営するビジネスローンです。

融資金額は500万円~5,000万円(100万円単位)と、適用範囲の広さが魅力。

金利は年2.35%から年9%と幅が広いものの、審査のうえで銀行の短期プライムレート金利に連動した変動金利です。

また、無担保無保証人という原則も経営者の強い味方(担保が必要になる場合もあります)。

第三者保障不要(申込人の連帯保証は必要)、1カ月から3年以内の融資期間となりますが、既に同行との取引実績がある方は5年以内となります。

「融活力」を利用できる人

業務歴 2年以上で、確定した決算書2期分を提出できること
決算内容 最新決算期において債務超過(貸借対照表の資本の部(または純資産の部)がマイナスではないこと
地域 東京三菱UFJ銀行の所定の支社に来社できること
その他 申込日において税金の滞納がないこと

△ページトップに戻る

4、ビジネスパートナー(光通信グループ)

参考:ビジネスパートナー(光通信グループ)

東証一部の光通信グループが運用するビジネスパートナーは、担保不要、保証人(原則)不要で最大500万円までの借入が可能な中小企業の強い味方です。

審査も最短1日、審査通過後は翌日の融資も可能という、資金繰りに悩む中小企業のオーナーにとって歓迎すべき条件が並んでいます。

また、限度額に10万円以上の余裕があれば追加融資も可能です。

たとえば銀行から融資を断られた方、保証人が準備できない方も、審査対象としています。

金利は9.98%から18%と幅広いですが、事業計画や売上の状況により比較的低金利で借りることも可能です。

△ページトップに戻る

5、プロミス自営業者カードローン(プロミス)

参考:プロミス自営者カードローン

プロミス自営者カードローンは、事業資金には利用できないカードローンを自営業者、個人事業主用にしたビジネスローンです。

もちろん事業資金用にも使えますし、プライベートな資金にも使うことができます。

利便性は一般のローンと同等で、即日融資も可能。全国のATMで利用することができます。限度額は300万円まで。

金利も6.3%からと比較的低金利で、最短1時間で審査結果が判明することも特色

難点は、法人格の経営者は利用できないこと。自営業者や個人事業主にとっては、強い味方といえますね。

△ページトップに戻る

6、オーナーズセレクトカード(新生銀行グループ)

参考:オーナーズセレクトカード

カード年会費無料。最大300万円まで借入可能で、担保保証人も不要のビジネスローン。

公式ホームページでは総量規制の旨をお伝えしていますが、ほかの大半のビジネスローンと同じく、法人格の経営者は申込することができません。

オーナーズセレクトカードの貸出金利は以下の通り。

利用可能枠 貸付利率(実質年率)
30万円 15.0%~18.0%
50万円 9.6%~18.0%
100万円 7.8%~15.0%
300万円 6.0%~15.0%

また、このローンの特徴は最大13年と高い返済期間の長さ。1年間無料のビジネスラウンジもつきます。全国173,000か所に拡がるATMで入出金ができるため、便利性も抜群です。

△ページトップに戻る

7、ビジネスクイックローン(静岡銀行)

参考:ビジネスクイックローン(静岡銀行)

評判のビジネスローンがあるのは東京のメガバンクや信販会社だけではありません。

東海地方を基盤とする静岡銀行でも、個人事業主向けのビジネスローンが販売されています。

静岡銀行は地方銀行ですが、千葉銀行、横浜銀行に次ぐ規模を持つ銀行。もちろん静岡県内の事業者だけではなく、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府で事業を営んでいる個人事業主も対象となります。

最短即日の仮審査スピード、無担保、保証人は不要。300万円未満の融資を希望の事業者は収入証明書の提出も不要です。

金利は他のビジネスローンと同様に幅が広く、5.0%~14.9%の低金利も可能8、です。

返済期間も、3年(36回以内)と長めのうえ、自動更新が可能です。

△ページトップに戻る

8、モビット ビジネスローン(三井住友銀行グループ)

参考:ビジネスクイックローン(静岡銀行)

1万円から800万円まで借入可能な三井住友銀行グループのモビットビジネスローン。

資金用途も自由で、無担保無保証人も特徴です。

CMも広く展開しており、信頼感がありますね。

申込の過程では郵送物も電話連絡もないため、家族や職場に気づかれずに申込を完了することも可能です(三井住友銀行または東京三菱UFJ銀行の銀行口座所有者が対象。審査の結果、即日の融資も可能です。

10秒で簡易審査結果が表示されるため、他のビジネスローン会社との相見積もりもスムーズに進みます。

借入金利は3.00%~18%。最長8年10カ月のあいだ借入が可能と、資金繰りに悩む経営者にとっても強い味方です。

△ページトップに戻る

9、アーバンフリーローン(関西アーバン銀行)

参考:アーバンフリーローン「無担保型」

前述の静岡銀行のように関西地方に強い関西アーバン銀行が運営する無担保型のローンです。

融資金額は最高300万円、融資利率は年5.8%~年13.5%。保証人も不要です。法人への転貸資金には活用できませんが、事業資金のお申込みのOKです。

適用利率は審査結果により、以下の4種類のいずれかが適用されます。

年5.8% 年7.8% 年9.8% 年13.5%

いずれも固定金利が適用されます。申込は始終来店不要です。

△ページトップに戻る

10、不動産活用ローン(三井住友トラストローン&ファイナンス)

参考:不動産活用ローン(三井住友トラストローン&ファイナンス)

所有している不動産資産を担保設定することにより、借入できる不動産活用ローンです。

通常3.90%~7.40%ですが、キャンペーン期間内は2.99%~5.99%と大幅に抑えた金利が提案されます(現在のキャンペーンは2016年9月30日で終了)。

資金の使用用途はとても広く、運転資金や設備資金の調達、固定資産税や消費税の納税資金としても活用することができます。

今回取り上げた他社のビジネスローンには法人格の会社を申込対象外とするところも多いのですが、不動活用ローンは法人でも申込可能です。

返済期間も最大35年、融資額も300万円から最大10億円まで可能。不動産担保をレバレッジにした、大きな額の事業展開が可能です。

中小企業の経営者でも、一世一代の勝負をかけた大規模投資を行うケースがあります。

時間の余裕がない段階で、複数社から少額の事業融資を受けるのはとても煩雑なもの。

なかには既に借入を起こしていると、審査で不利になる場合さえあります(借入目的を逐一説明するのもとても面倒なものです)。

そのため、当不動産活用ローンのように大枠で借りることのできるビジネスローンはとても重宝できます。

担保設定が必要なため、不動産資産を所有していなければ活用できないというデメリットこそありますが、現在稼働している工場や店舗の立つ建物の土地、および建物も担保対象になります。

不動産資産を有する場合は検討するようにしましょう。

なお、担保設定は土地や建物だけではなく、抵当建物の火災保険金請求権等に質権を設定する場合もあります。

△ページトップに戻る

まとめ~ビジネスローン会社はどのようにして選ぶ?~

以上ここまで、ビジネスローン会社の商品比較を進めてきました。

今回取り上げた10社のビジネスローン会社は、銀行系から信販系、独立系まで幅広い一方、低金利や無担保無保証人制度、即日融資など、「類似サービス」になっている部分も多く、利用者としてはなかなか判断が難しいところ。

どのようにしてローン会社を選択するとよいのでしょうか。

ローン会社を選ぶにあたって大切なことは、「審査基準が各社にとって異なる」ことに留意する必要があります。

資金繰りは時間的に余裕のないなかで、各社1社ずつ審査をしていては時間的にも間に合いません。そのため、「相見積もり」をする必要があります。

各種条件を鑑みて、相見積もりを数社から取り、審査の通ったところ、もしくは審査を通ったいくつかの会社から最も条件のいいところを選択するとよいでしょう。

気をつけたいのは、法人格であることを「隠して」借入を申請しないこと。

万が一それが借入会社に判明すると、貸付の取り消しや損害賠償の対象になる可能性があります。正しい申請をするようにしましょう。

正しく、賢い使い方をすれば、経営において強い味方となるビジネスローン。

しっかりと各社の違いを調べてから活用しましょう。

金融機関に融資を断られても、諦めないでください!

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

公的融資ドットコム

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。