社会保険でもらえるお金一覧

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 社会保険でもらえるお金一覧

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

社会保険でもらえるお金一覧

お金

社会保険は、世間一般では年金保険、医療保険、介護保険、雇用保険、労災保険を言います。

起業する方にとって特に気になるのは年金保険と雇用保険でしょう。

年金保険は国民年金と厚生年金です。国民年金の受給額は加入期間で決まります。

加入期間には会社員や公務員であった期間、自営業者や学生、無職などで国民年金の保険料を納付したか、免除されていた期間も含まれます。

計算方法は満額(779,300円)×加入月数÷480です。

40年間(480カ月)加入していた人であれば、満額を受け取ることができます。ちなみに以前は保険料の納付機関が25年以上ないと給付を受けられませんでしたが、平成29年8月1日からは納付済期間(国民年金の保険料を納めた期間、厚生年金などの加入期間も含む)と国民年金の保険料免除期間を合わせた期間が10年以上あれば、老齢年金を受け取れるようになりました。

一方、厚生年金の場合は、平均給与に一定の比率と加入期間をかけたものが受給額になります。

計算が複雑なので、正確な受給額は年金事務所で確認する必要があります。

厚生労働省は加入期間が25年以上の人が厚生年金を平均でどのくらい受け取れるかを発表しましたが、それによると60歳~64歳までの男性の平均が月額99,868円、女性が月額63,010円です。

これには国民年金の額も含まれています。起業のため退職する場合は加入期間が短くなるので、もらえるお金はこれよりも少なくなるでしょう。

雇用保険で受給できる金額は、退職前の6カ月間の賃金と年齢で決まります。

受給できる日数は被保険者の期間と退職理由によって異なります。自分の都合でやめた場合は会社の都合でやめた場合よりも給付期間が短くなります。給付期間は最長で360日、最短で90日です。

自分がどのくらいのお金をもらえるかを計算するには、賃金日額を知る必要があります。

これは、離職前の6ヵ月間の給与(賞与は含まない)を180日で割れば算出できます。この賃金日額を計算式に当てはめて、年齢も加味し基本手当日額が決まります。

金額は厚生労働省が「毎月勤労統計」の平均定期給与に合わせて、毎年8月1日に変更します。

ですので、最新情報は厚生労働省のホームページ等で確認してください。

また、ネット上には、数字を入力するだけで大体の受給額を割り出せるサイトがあるので、参考にできます。

支給額は離職前の6ヵ月間の給与の5割~8割になります。賃金日額が高い人ほど、給付率は低くなります。(情報は2017年現在)

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。