ノンバンクで事業資金調達を「120%成功させる」ポイントを4つ紹介!

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. ノンバンクで事業資金調達を「120%成功させる」ポイントを4つ紹介

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

ノンバンクで事業資金調達を「120%成功させる」ポイントを4つ紹介

ノンバンク・資金調達

はじめに

資金調達のハードルを下げて、必要な資金をサクッと融資してくれるのがノンバンク融資の特徴です。

ノンバンク融資は、金融機関からの融資では無いので、審査基準も低く「誰にでも借り入れしやすい」制度と言えるでしょう。この記事では「ノンバンクをオススメする理由」について詳しく解説していきます。

銀行融資を受けられなかった方や、銀行融資の審査を不安に思われている方は、本記事で情報を得て、ノンバンクからの融資を受けてみてください。

※なお「ノンバンクの融資は不安だな…」とお考えの方には、ファクタリングがおすすめです。今すぐ資金を調達したい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。こちらでご紹介する方法なら、最短1日で1,000万円の資金調達も可能です。

目次(もくじ)

ノンバンクについて

銀行以外の金融業者や、融資を行っている企業を「ノンバンク」と言います。通常、銀行は預金業務と為替業務などを行っておりますが、ノンバンクでは(これら預貯金や為替)業務を行っていません。

また、ノンバンクは通常銀行のよりも審査の基準がゆるやかで、業歴の浅い個人事業者や経営者にも積極的に融資を行っています。

このほか、短期間での融資が得意で、最短「即日中に融資」が受けられるのも大きな魅力です。

貸金業法に基づき、消費者金融や信販会社は融資を行います。

銀行でも「カードローン」の取り扱いがあるのは、皆さんもご存じのことでしょう。

銀行のカードローンは「銀行法」に基づき、融資業務を行っています。一方のノンバンクは「貸金業法」に基づき融資を行っています。

ノンバンクは、安全かつ安心して利用できる資金調達先

ノンバンクは「危険や怪しいイメージ」を持たれがちですが、非常に安全でかつ安心して利用できる『資金調達先』のひとつです。

また、ノンバンクに対して正しい理解を深めることで、資金繰りを有利に運ぶすることができます。

コンサルタントと呼ばれる「融資のエキスパート」は、個人事業者や中小企業に対し、ノンバンクからの融資や資金調達をおすすめしています。

また、資金繰りを上手く改善するには、ノンバンクやファクタリング(売掛金の現金化)などを上手に併用することが重要です。

【メモ】ノンバンクが危険だと勘違いされる理由

テレビや雑誌のニュースで取り上げられる「多重債務」によるイメージから、ノンバンクについて「良くないイメージ」が定着したのでしょう。

しかし、ノンバンクはいつでも安全で健全な貸付を行っています。特に、貸金業法改正がなされた後の金融業界は厳格なルールのもと「利用者にとって無理のない融資」を実施しています。

また近年では金融業者のほとんどが「大手銀行」の傘下に入り、結果ノンバンクの場合でも「大手銀行と同じか、それ以上に優遇されたレート」で貸付が行えるようになっています。

※厳密には、国や自治体などの補助金制度、そのほか事業資金支援制度は「ノンバンク融資」にカテゴライズされますが、この記事内では、補助金や事業資金支援とは切り分けて、消費者金融カードローン、政策金融公庫からの融資、ファクタリングサービスなどの「ノンバンク融資」を取り上げていきます。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合

「日本政策金融公庫」からの融資も「ノンバンク融資」としてカテゴライズできます。

日本政策金融公庫とは、100%国が出資し運営されている金融機関です。また、公庫からは学生支援(学費給付)、産業支援(融資)、事業融資など、国民の支援となるよう広い分野で、融資や支援活動を行っています。

銀行融資が受けられない方に対して、日本政策金融公庫は無理なく資金の調達が行えるよう、独自の「審査基準」で審査を行っています。このため、創業間もない企業や個人事業主の方でも無理なく、希望する融資や資金が受けられます。

融資を成功させるには「各制度のメリットや審査の特徴」をチェックし、内容を100%理解してから申し込むようにしましょう。

どんなに融資額の大きな制度でも、自社の条件や目的に合わなければ、資金を100%活用することは不可能です。

政策金融公庫からの融資について詳細を知りたい方は、下記サイトを参考にしてみてください。

参考:日本政策金融公庫|融資制度一覧から探す

資金調達の具体的方法は、ここで教えてもらおう!

政策金融公庫の申請や、融資の審査準備まで、一連の手続きについてアドバイスしてくれる「コンサルタント」と呼ばれるエキスパートがいます。

困ったことがあれば、まずは専門家にアドバイスを求め、資金調達準備(=審査の申込)を進めるようにしましょう。

ただし、コンサルタントに依頼をするとどうしても経費がかかってしまいます。その場合は、専門のニュースサイトを読む、または体験セミナーなどに参加して、必要な知識を得てみてください。

このほか、インターネット上でも詳しい情報サイトがたくさんあり、積極的に情報収集できます。情報が多すぎて「どれから見れば良いか分からない…」という方は、資金調達に関する「ポータルサイト」などを参考にされると良いでしょう。

△ページトップに戻る

ノンバンクで事業資金調達を「120%成功させる」ポイントを4つ

ノンバンクで事業資金調達を「120%成功させる」ポイントを4つ紹介したいと思います。

ノンバンク「120%成功させる」ポイントは4つ

  • 審査レベルが、自分に合うかどうかチェックする
  • 利用者の口コミ評価を参考にする
  • 申込?融資までの時間を調べる
  • 利息について調べる

まず、審査が自社の基準に合うかどうか確認しましょう。個人事業者の方が、大きな企業向け融資を利用しても審査は通りません。

また、ローンを利用する前に利用者の口コミ評価をしっかりチェックしておきましょう。

もちろん、全てを鵜呑みにする必要はありませんが「どのようなことに気をつければ良いのか」審査対策のためにも、第三者の意見に耳をかたむけるのは良いことです。

このほかにも、申込から融資実施まで、どのくらいの時間がかかるのか調べておきます。そして、借り入れに対してどのくらいの利息が掛かるのか、必ず「借り入れのシミュレーション」をしておいてください。

借り入れと返済計画を早めに立てておけば、資金の返済時に、慌てる必要がなくなります。

非常にシンプルですが、上記4つのポイントさえ抑えておけば「ノンバンクからの資金調達は120%成功」できます。

※なお「ノンバンクは、自分に合わない」とお考えの方は、審査が早いファクタリングを利用しましょう。資金調達でお困りの方は先に、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。ここで紹介する方法なら、最短1日で1,000万円の資金調達も可能です。

△ページトップに戻る

ノンバンクのメリットは4つ!

ここで、ノンバンクのメリットについてまとめてみました。

ノンバンクを利用するメリット

① 審査基準が低く、一般的に審査が通りやすい
② 申請から審査、融資までスムーズに行える
③  銀行の傘下である専門業者が多いので安心できる
④ 自分の目的とマッチする融資方法を利用できる

① 審査基準が低く、一般的に審査が通りやすい

ノンバンクは、銀行融資と比較しても「審査の基準」が非常に低く、資金が急遽必要になった際も、柔軟に対応してくれます。

また、ファクタリングサービスでは「独自の基準」で審査を行っているので、銀行や、その他業者で審査が通らなかった場合も心配なく、必要な資金が調達できます。

② 申請から審査、融資までスムーズに行える

ノンバンクは、最短1日で審査?融資が完結できます。銀行融資に比べても断然(手続きのスピードが)早く、ノンバンクで申請すれば「朝に申請して、夕方には手元に資金がある」という状態が実現できます。

③ 銀行の傘下である専門業者が多いので安心できる

ノンバンクの多くは、大手銀行の傘下に入っています。また、同行のグループ内では、利息や利用金額の貸付条件のハードルを下げたり、共通で使用できるATMを増やすなど「利用者目線でのサービス向上」を進めています。

ノンバンクが不安な方、心配な方という方は、大手銀行傘下の「事業資金融資」を選択すれば、安心して資金調達が行えるでしょう。

④ 自分の目的とマッチする融資方法を利用できる

ノンバンクが提供するサービスには多様性があり、誰もが「自分に合うサービス」を見つけられます。

まずは資金調達に関する専門サイトをチェックし、貸付利用額や借り入れの期間、利息、手数料を参考に「利用してみたい」と思えるサービスを探してください。

インターネットには、たくさんの情報があふれているため「自分に合うサービス」を探すのに時間がかかります。

しかし、比較サイトや口コミサイトなどを参考にすれば、一括で「有益な情報」が集められるので便利です。

△ページトップに戻る

ノンバンクにも2つのデメリットがある

ここまでノンバンクについてのメリットを紹介してきましたが、便利なノンバンクにも「デメリットが2つ」あります。

ノンバンクの2つのデメリット

① 銀行審査の結果が影響を与える可能性
② 銀行や国、自治体などの融資に比べ利息が若干高い

①と②について、以下で詳しく解説しましょう。

① 銀行審査の結果が影響を与える可能性

まず1つ目のデメリットですが、銀行は『ノンバンク融資を快く思わない』という点です。

過去に、消費者金融で借り入れをした記録や事実があると「銀行からの融資申請が通らなかった」企業として、思いもかけないレッテルを貼られてしまうことがあります。

このため「ノンバンクを利用した後は、銀行融資が受けられな」可能性があるので覚えておきましょう。

ただし(前述、銀行系ノンバンクの項で説明した通り)近年では「大手銀行の傘下」になるノンバンクも多数存在します。このため、消費者金融の利用が、銀行融資に及ぼす影響も減少傾向にあります。

しかし、ノンバンクからの融資の利用頻度が増えると、銀行融資や大手の金融機関との取引きは、難しくなるので過信は禁物です。

審査で不利な状況にならないよう、ご自身の信用情報に悪影響が出ないやり方で、賢く資金調達を行ってください。

例えば「ファクタリングサービス」は融資制度で無いので、同じノンバンクであっても信用情報に悪い影響が出ません。こうしたサービスを利用すれば、スムーズに資金問題も解決できるので大変安心です。

② 銀行や国、自治体などの融資に比べ利息が若干高い

2つ目のデメリットは(ノンバンクの融資は)日本政策金融公庫の融資などに比べて利息(貸付利息)が高く設定されているということです。

利息が高いことが障壁になり、日本政策金融公庫に融資を申請する方が多いのはこの為です。

また、銀行融資を利用しても融資を受けられない方や、審査が通らない方は、保証付き融資(信用保証協会を通した融資方法)を選択するケースが多いようです。

△ページトップに戻る

ノンバンクを利用する際に気をつけたい3つの項目

続いて、ノンバンクを利用するときに「気をつけたい3つの項目」を紹介します。

ノンバンクを利用する際に気をつけたい3つの項目

① 返済までの道筋を調べる
② 安心できるノンバンクかどうか調べる
③ それぞれの業者のサービス、条件を比較検討する

各項目について、以下で詳しく説明しましょう。

① 返済までの道筋を調べる

融資申請を行う前に「融資返済までの道筋」を必ずチェックしておいてください。また返済順序を確認したあとは、計画的に資金繰りを行うようにしましょう。

そして返済中も必ず「返済計画」を何度か振り返り、問題点があるならば、できるだけ早めに軌道修正をする必要があります。

② 安心できるノンバンクかどうか調べる

「安心できるかノンバンクかどうか」確認しておくのは、重要なことです。業者を選ぶ前に、口コミを詳しくチェックする必要があるでしょう。

残念ながら、小さな業者の中には(高利を付けるような)違法貸付を行うケースがあります。みなさんは怪しい業者には絶対近づかないよう、十分なリサーチを行い「評判が良く信頼できる」業者を選んでください。

業者の選定は、今後の「資金繰り」改善に大きく影響します。

③ それぞれの業者のサービス、条件を比較検討する

各社、それぞれサービス内容が異なります。このため一社だけで決めずに、たくさんの業者の中から選別していく作業が必要です。また、利息や融資額など(各社の)条件が異なるので注意深く確認しましょう。

このほか、一定期間「返済負担のない」据え置き期間を設けた、便利な融資制度もあります。据え置き期間があれば経営に専念できるので安心です。

△ページトップに戻る

経営者におすすめのノンバンクは、コレ!

最後に、経営者に「おすすめのノンバンク」融資をまとめてみました。

おすすめのノンバンク融資はコレ!

① ビジネスローンに特化した業者
② 大手銀行傘下の消費者金融
③ ファクタリング

① ビジネスローンに特化した業者

ビジネスローンに特化した金融業者であれば、たとえ経営が赤字であっても、融資できるケースが沢山あります。

また、融資が受けられるまで、早急に対応して貰えるため、資金繰りもスピーディーに改善できるので安心です。

② 大手銀行傘下の消費者金融

大手銀行傘下にある「消費者金融」は、迅速に審査を行うほか、審査基準も(銀行に比べて)低いため、経営者の間で広く利用されています。

金額は最大500~800万円といったところが主流ですが、目的にあった資金調達ができるので便利です。

また、銀行に近い利息を実施しているので「返済総額」も低く抑えることができます。このほか、業者によっては(特定の期間)無利息サービスもあるのでおすすめです。

③ ファクタリング

ファクタリングは専門業者のほか、銀行系の金融業者など、複数の業者が取り扱っています。

ファクタリングについて

ファクタリングとは、売掛け金をファクタリング専門業者に買い取ってもらい「現金化できる仕組み」を指します。また一般的な融資とは違い『売り掛け先を基準』にして審査が行われます。

このほか、ファクタリングは返済する必要が無いため「資金繰りを素早く改善したい」という方におすすめの資金調達法です。

また、売り掛け先が倒産になった場合は「返済義務あり」「返済義務なし」の二種類の仕組みがあるので、自分にあったサービスを選んで、申し込んでみてください。

業者選定に迷った場合は、専門家に相談しよう

ファクタリング業者が「なかなか決まらない…」という方は、資金調達のエキスパートに意見を聞いてみましょう。

専門家は、資金調達について豊富な知識と知恵を持っています。このため、どの業者が安心かつ早急に対応できるのか『有益な助言』を与えてくれることでしょう。

△ページトップに戻る

まとめ・ノンバンクは、資金繰り改善の救世主だった

このように、ノンバンクを利用することで、スムーズに資金調達を行うことができます。

長期的に「資金繰りを改善」したいと思われる場合は、複数のサービスを利用してみるのも「経営者として正しい」判断です。

また、注目のファクタリングサービスを利用すれば、審査のハードルも低く、希望する資金をスムーズに受け取ることが可能です。ぜひ、みなさんも「資金調達」の参考としてみてください。

※最後に取り上げたファクタリングについては、以下のページで詳しく紹介しています。資金調達でお困りの方は先に、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。ここで紹介する方法なら、最短1日で1,000万円の資金調達も可能です。

△ページトップに戻る

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。