株式譲渡とは?株式譲渡の基本を解説

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 株式譲渡とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

株式譲渡とは?

株式会社は設立時に株式を発行して、資本金を確保します。設立時点では株式を出資した人を発起人と呼びますが、会社を設立した後は株主として会社のオーナーの一人という立場になります。

日本の中小企業では、筆頭株主が取締役になっているケースが大半です。このため、取締役が引退をするとき、後継者に事業を譲るときに株主も辞めて、経営を引き継ぐ人に株式を譲渡するのが一般的です。

株式譲渡は、株式会社の経営者が変わる大切な手続きです。慎重に進める必要があります。

円満な株式譲渡が行われる場合は、通常、会社関係者・譲渡関係者の間で譲渡に関する事前の根回しがあり、譲渡に関する事前の内諾があるのが普通です。

しかし、そのような円満な譲渡であるがゆえに、かえって将来のトラブルを生んでしまうことにもなりがちです。

中小企業においては関係者の事前の内諾があるがゆえに、

「会議を開催したことにしておこうか」

「とりあえず議事録だけ作っておけばいいか」

このような事態になりがちです。

しかし、法律上の観点から言えば、適正な手続きを踏まずに形式だけの書面を残すような行為は危険です。

友好的に株式の譲渡が行われる場合であっても、後日、関係者の利害関係がどのように変化するのかは全く予測できないからです。

それが会社というものでありビジネスの怖さです。

かつては友好な関係であっても、関係者の利害関係が変化して、敵対的な関係になることなど珍しくありません。

ひとたび敵対的な関係になってしまえば、過去の手続きのちょっとした不備を突いて、

「あのときの譲渡の手続きは無効だ!」等と訴訟を起こされることもあります。

そのような事態を防ぐためには、法律に従って適正に手続きを行い、手続きが行われた記録を適切な書面に残しておくことが何より重要です。

いったん法律上のトラブルが生じたら、「証拠が全て」だからです。

特に中小企業においては、個人的な怨恨をはらすために、会社に関する訴訟が利用されることが珍しくありません。

家族経営の会社だから、友人同士で経営している会社だから、みんな親しい仲だから安心等と、油断してはいけません。

将来のことは誰にも分かりません。

「会社の訴訟」などと言うと、大企業だけの話だと思っている方も多いと思います。

しかし、残念ながら日本社会の現実はそうではありません。

家族経営的な中小企業が大多数を占める日本社会において、株主代表訴訟の多くは中小企業で身内の株主から起こされているという現実から目を背けてはいけません。

株式の譲渡制限とは?

ほとんどの会社では、株式に譲渡制限と呼ばれる制限を付けています。

譲渡制限とは、株式を自由に譲渡できないように制限するもので、会社の承認を得なければ譲渡できないという会社の決まり事です。制限を設けることによって不適切な第三者に株式が渡ったり、会社を乗っ取られたりするのを防いでいるのです。

譲渡制限は定款や登記簿謄本に記載されているので、譲渡制限が付いているかどうかが不明な場合は、株式譲渡の前に確認しておく必要があります。

株式の譲渡を承認する機関は会社によって異なりますが、取締役会を設置している会社の場合は取締役会が、設置していない会社の場合は株主総会が承認を行うのが一般的です。

株式譲渡の手続きは、会社法の規定に基づいて行わなければいけません。まず会社に株式の譲渡を承認してもらうよう請求し、株主総会など会社の承認機関で認められた後、正式な譲渡手続きへ移るという流れになります。

一例として、株式譲渡制限を付けており譲渡承認機関が株主総会となっている会社の場合、どのように株式譲渡の手続きを行うかを見てみましょう。

株式譲渡手続きのおおまかな流れ

(1)株式の譲渡を希望する株主が、会社に対して株式譲渡を承認するよう請求を行います。

フロー

(2)それを受けて会社側は臨時株主総会の開催日を決定し、その他の株主へ臨時株主総会の招集通知を出します。

フロー

(3)臨時株主総会を開催し、株式譲渡を認めるか否認するかを決議します。決議の結果、株式の譲渡が承認されると、

フロー

(4)株式を譲渡する人に対して、株式譲渡を承認したことを通知します。

フロー

(5)承認通知を得たら、株式を譲渡する人と譲り受ける人との間で株式譲渡契約を交わします。

フロー

(6)譲渡が完了すると、譲り受け人又は、譲り受け人と譲渡人が共同で会社に対し、株主名簿を書き換えるよう請求します。

フロー

(7)会社はこれに応えて、株主名簿を書き換えます。

フロー

(8)株式を譲り受けた人が会社に対して、株主名簿記載事項証明書を交付するよう請求します。

フロー

(9)会社はこれに応えて、株式を譲り受けた人に株主名簿記載事項証明書を交付し、株式譲渡は完了です。

どのタイミングで株式を譲渡するのか?

誤解されやすい部分なのですが、譲渡制限のついた株式であったとしても、「譲渡ができない」わけではありません。

譲渡制限のついた株式の譲渡であっても、譲渡(売買)の当事者間では有効です。

株券不発行の会社の株式の譲渡は、株式譲渡の意思表示(贈与や売買など)によって効力が生じるからです。

株券不発行の会社の株式の場合は、「あなたに株式を売ります」「私がその株式を買います」という意思表示の合致のみで株式譲渡が当事者間で成立します。

ただし、会社の承認を得ないと、株式の譲渡を受けた人(株式を買い取った人)が、「私が株主です!」と、その会社に認めてもらえないのです。

株式を買い取った後で、株式の買受人が「今回の株式譲渡を認めてください!」「株主名簿に登載してください!」と会社に請求することは法律上できますが、請求したとしても、株式の譲渡が承認される保証はありません。

事前に会社の承認を得てから株式を譲渡しないと、株式を譲り受けた人(株式を買い取った人)が、株主として承認されないリスクがあります。

せっかく株式を買い取っても、自分が株主として認められないようなリスクを抱えて、株式を買い取りたい方は稀であろうと思われます。

株式の譲渡をスムーズに進めるためにも、事前に会社から承認を受けてから株式を譲渡することをお勧めします。

もう一つの方法として、会社の承認が受けられることを停止条件にした譲渡契約も一応は可能です。

この方法は、会社が株式譲渡の承認をする前に、会社の承認が受けられたら契約の効果が発生するという条件付きの譲渡契約を締結することになります。

しかし、事前に会社から承認を受けてから株式を譲渡した方が時系列的には素直な流れであり、法律の専門家ではない方には分かりやすいと思われます。

自分でできる!株式譲渡手続きキットのご案内

自分出来る!株式譲渡手続きキット

自分でできる!株式譲渡手続きキット

当キットは、ご自身で株式譲渡手続きをされる皆様の為のマニュアルです。書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。とにかく安く、簡単に、そして確実に株式譲渡手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。

事業承継をお考えなら

事業承継対策ドットコム

事業承継対策ドットコム

事業承継で頼りになるのは税理士や会計士など、事業承継の税務・法務に精通した専門家です!経験値の高い専門家と如何に出会えるかが円滑で確実な事業承継を行う為のカギになります。事業承継対策ドットコムでは、全国対応にて、事業承継事務に精通した専門家の紹介が可能です。相談も無料!まずはお気軽にお問い合わせください。

金融機関で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。