事業者向けクレジットカードはどれにすべき?

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 事業者向けクレジットカードはどれにすべき?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

事業者向けクレジットカードはどれにすべき?

クレジットカード選びは何を重視しますか?

事業者ならポイント還元率とかサービス内容とか眠たいことを言っていてはいけません。

実際私も空港ラウンジや荷物配送などのサービスを活用してはいますが、事業者が気にするポイントはそこではありません。

ズバリ、「利用可能枠」で決めるべきです。

クレジットカードの利用可能枠とは?

月間○○万円まで利用可能・・・といった枠が各カードで決められています。事業者にとってこの利用枠は与信(自社の信用度)であり、資金調達能力でもあります。

月額40万円しか利用枠がないカードだと、経費で使える金額が月額40万円ということになります。それはつまり、月額40万円程度しか資金調達能力がない会社だということです。

事業経営をしているとチャンスもあればピンチもあります。急な時に経費支払いや投資ができないというのは辛いものです。そんな機会損失や窮地に陥ることを防ぐためにも、事業者なら利用枠の大きなクレジットカードを事業用カードとして持っておくべきなのです。

事業用クレジットカードとしてオススメなのは?

まずはアメリカンエキスプレスです。

私はアメリカンエキスプレスのプラチナカードとゴールドカードを持っていますが、利用枠はそれぞれプラチナ1000万円、ゴールド500万円あります。

アメックス・プラチナカード

↑ プラチナカードの利用可能額 ↑

アメックス・ゴールドカード

↑ ゴールドカードの利用可能額 ↑

これはつまり、1500万円の資金調達能力があることを意味します。

もちろん、これとは別に日本政策金融公庫や信用保証協会からいつでも1000万円程度なら引っ張れる与信枠を持っています。

資金調達は、必要になった時に慌てて金策するようなものではなく、日々の準備により「いつでも可能」な状態にしておかなければなりません。必要なければ借りない、カード使わないと自制すれば良いだけの話です。

事業をしていれば、経費支払いが月額100万円、200万円あることも珍しくないでしょう。そんな時に枠が40万円しかないでは話にならないのです。

アメリカンエキスプレスのデメリット

単純に年会費が高い。これに尽きます。

ラチナですと年10万円+消費税。ゴールドは年2.9万円+消費税です。

この年会費がネックな方は通常のビジネスカードからスタートしても良いでしょう。その場合、年1.2万円+消費税ですので比較的安めです。それでいて300万円程度の枠は設けてもらえます(利用実績により異なります)。

そもそもアメックスの場合には、プラチナはある程度ゴールドで利用実績を重ね、先方からのインビテーションがなければ申し込めません。

まずは通常カードかゴールドから申し込むことになります。

尚、冒頭でポイントとか眠たいことを言うなと申し上げましたが、アメックスは永久不滅ポイントがあるため、利用実績を重ねればまとまったポイント数貯まります。

私自身は月額200万円〜300万円をカードで使いますが、大体2年で利用額が5000万円を超えます。ポイント還元率は1%なので、50万ポイントです。

これで大体アルマーニのオーダーメイドスーツを作ります(54万ポイント)。

こういう良いところがある点も付け加えておきましょう。

オリコカードは事業用カードとして最もオススメ?

年会費がネックなアメックスですが、オリコカードは年会費初年度無料で2年目以降もわずか2,000円と非常に低額に設定されています。

それでいて利用枠は1,000万円まであるので、同じゴールドで500万円のアメックスよりも資金調達能力が高いカードと言えます。

また、オリコカードを持っている事業主なら、法人・個人事業主を問わず1,000万円まで借り入れ可能な、原則無担保無保証人の証書貸付も最大2%の優遇金利で利用できます。

カード払いが浸透してきた昨今ですが、まだまだ現金払いをしないといけないこともあるでしょう。そのような際に日本政策金融公庫や銀行融資がすぐに下りない場合のバックアッププランとして用意しておいても良いと思います。

税金を支払う為に納税準備資金を銀行から融資を受けて支払う事業者の方も多々いらっしゃいますが、このオリコカードなら国税納付もカード払い出来ます。

アメックスは敷居が高いという事業者の方でもこちらは最低持っておきたいですね。

カードは今はいらないと思っている方へ

クレジットカードはいつでも作れるわけではありません。独立起業する際も「サラリーマン辞めたらカード作れなくなるから、起業前に作っておけ」とアドバイスされた方も多いのではないでしょうか?

法人カードも同じで、今は別にクレジットカード必要としていない(困ってない)今の時期に作っておかないといけないのです。

困ってからではカードを作れない可能性が高いので。

よく銀行融資なんかでも「銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日にとりあげる」と銀行の融資姿勢を揶揄して批判する文言を目にします。

私自身、銀行の姿勢に文句も疑問もないかと言われれば決してそのようなことはありませんが、借りる側だって「今困っているから貸してください」だけでは通用しないのです。

業績が悪く、返せるかどうかわからない人にお金を貸す物好きはいません。銀行は貸すのが仕事だろと思っているかもしれませんが、営利企業である以上、「誰に貸すか?」の選択権は当然銀行側にだってあるわけです。

資金調達実務においては借りられる時に借りておくが定石です。

クレジットカードにおいても同様で、好条件で作れる時に作っておくのです。逆に言えば作ってしまえばこっちのもので、特に必要なければ御守り代わりに手元に置いておけばいいのです。

微々たる年会費をケチって「資金調達枠が全くない」ような状態を作らないようにしておきましょう。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。