法人向け融資を利用する前に、ファクタリングを120%活用する秘訣

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 法人向け融資を利用する前に、ファクタリングを120%活用する秘訣

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

法人向け融資を利用する前に、ファクタリングを120%活用する秘訣

法人融資・ファクタリング

はじめに

法人向けの融資には、銀行やノンバンク(消費者金融やビジネスローン専門業者)のの事業者融資、日本政策金融公庫からの融資など、さまざまな方法があります。

また、通常の融資とは異なる、手形割引やファクタリングによる資金調達は「資金繰り改善に即、効果が出る」方法として、経営者の間で人気です。

ここでは、法人融資を成功させる3つの秘訣と「ファクタリングを120%活用する秘訣」解説します。資金繰りの改善を急がれる方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

※なお、今スグ1,000万円を調達したい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。ファクタリングなら、最短1日で高額な資金調達が可能です。

目次(もくじ)

ファクタリングの役割と仕組み

数ある「法人向け融資」の中でも、資金繰りの改善で大いに役立つのが、ファクタリングサービスです。

ファクタリングサービスの仕組み

ファクタリング業者は、事業主の「売掛け債権」を買取ります。買取の手続きが終わると、専者は「売り掛け債権」の現金化を行い、事業主に資金を受け渡します。

【ファクタリングサービスとは】

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収(債権の管理・回収)を行う金融業務をいいます。

これは、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。

参考:iFinance「ファクタリング」

ファクタリングは、通常の銀行融資(=プロパー融資)より「資金調達までのスピード」が早く、資金調達できる点が大きな特徴と言えます。

ファクタリング|手続きが早ければ、最短1日で資金調達できる!

ファクタリングの申請から現金化までは、業者によってスピードが異なります。しかし、手続きが早い業者であれば「最短1日」で済むので、ビジネスローンや日本政策金融公庫で融資を受けるよりも素早く、資金調達が行えます。

審査についても、銀行融資とは異なる「独自の基準」を持っているため、銀行融資が通らなかった方でも、スムーズに資金調達が行えます。

ファクタリング|審査の基準は、売り掛け先

通常の「融資」ですと、各企業や事業主の売り上げや返済能力を加味し、「審査」を通すかどうか判断されます。

しかし、ファクタリング審査では、企業や事業主の返済能力にかかわらず「取引先の経営状況」を審査基準とします。

銀行融資やノンバンク融資よりも『早く資金調達を行える』のはこの為です。

ファクタリングを利用して、資金繰りの問題を解消しよう

通常、売掛け金を現金化するには「翌月での支払い」となるため、資金の拐取運は1ヶ月以上の日数が必要です。

しかし、ファクタリングを利用すれば、最短1日で資金調達(=現金化)できるため、資金繰りの悪化を長期化させずに、素早く「事業資金の問題」が解決します。

△ページトップに戻る

ファクタリング業者の正しい選び方

各ファクタリング業者は、申請から審査、資金の現金化までの期間が大きく異なります。早ければ「最短1日」とお答えしましたが、手続きが遅い業者になると3~5営業日以上時間が掛かるようです…・

このため、ファクタリングサービスを利用する際には、早く手続きを行ってくれる業者を選びましょう。

△ページトップに戻る

ファクタリングのメリットについて

(前項でも既に説明しましたが)ファクタリングとは、売掛け金の現金化をスムーズに行う、便利な資金調達法です。

ファクタリングの利点はもちろんこれだけではありません。以下に「ファクタリング」サービスのメリットについてまとめてみました。

「ファクタリングサービス」のメリット

1. 高額な資金調達ができる
2. 売掛け金の資金化する際、取引先に知られずに済む
3. 資金繰り問題を改善できる
4. 事業主の「信用情報」に影響がない
5. 負債や融資、借り入れではない
6. 万が一、取引先が倒産しても「事業主への支払い責任」が生じない
7. 銀行融資も合わせて申請できる
8. 事業赤字の場合や債務の超過、支払いの滞納中であってもサービスが利用できる
9. 資金調達まで最短1日で済む
10. 他の金融機関、ノンバンク、ビジネスローンと審査基準が異なる

1~10について、順に解説していきます。

1. 高額な資金調達ができる

ファクタリングサービスは、売掛け金の金額により上限額が設定されます。このため、売掛け金が高額なほど「大口の資金調達」が行えます。

また担保も不要で安心して売掛金が現金化できます。

2. 売掛け金の資金化する際、取引先に知られずに済む

通常の手形割引では、取引先に「売掛け金の売却」が知られてしまいます。

しかし、ファクタリングは、取引先に売却の事実を知られることがなく「売掛金の現金化」ができるので安心です。

3. 資金繰り問題を改善できる

ファクタリングを利用すれば、資金繰り(キャッシュフロー)の問題が解消されます。

また、キャッシュフローを改善すると、事業主の信頼も高まり、銀行との取引も有利に進められ「銀行格付」の向上にもつながります。

4. 事業主の「信用情報」に影響がない

事項でも説明いたしますが、ファクタリングは一般的な「借入」ではありません。

このため、事業主の信用情報にも影響が出ず、銀行融資などの「融資審査」にも影響が出ません。

信用情報は、事業者の方であれば、誰もが「気になるポイント」かと思われます。

運転資金の不足でお困りの方もぜひ、ファクタリングを利用し「資金繰り問題を解消」し、企業としての信頼度を高めていきましょう。

5. 負債や融資、借り入れではない

前項と共通しますが、ファクタリングサービスは「融資」ではありません。

このため、負債や借金を抱えることとは異なります。

ほとんどの企業は、融資や借り入れを行っており、多額の借金を抱えています。

しかし、資金の問題を解決するには、借金を重ねるのではなく、今ある財産を現金化することが重要です。

このため、ファクタリングサービスを利用することが「会社の資金を安定させる」最善の方法と言えるでしょう。

※ なお、ここまでの説明でファクタリングに興味を持たれた方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。審査の速いファクタリングであれば、最短1日で高額な資金調達が可能です。

6. 万が一、取引先が倒産しても「事業主への支払い責任」が生じない

ファクタリングは通常、事業主(=私たち経営者)の支払い義務が発生しません。

ファクタリングは、大きく2種類に分類することができます。まず1つ目は、売り掛け先が倒産した場合に「売り掛け金を買い戻す権利」があるもの。

そして2つ目は「売掛金を買い戻す必要がない」ものです。

通常のファクタリングサービスの利用には、売り掛け金を買い戻す権利はありません。

売掛金を業者が買い取ってくれた時点で手数料を支払っているため、取引先が倒産した場合でも、私たちに売掛金買取の義務が発生しないのです。

その代わりに、一定の保証料を支払う必要があります。売掛金を買い戻す必要があるファクタリングサービスは手数料は少なく設定されますが、買取後「買い戻す必要が無い」場合は、より多く手数料を払う必要があります。

しかし、一定の手数料を支払ってでも「取引先に左右されない安心」が買えるのですから、お得なサービスと言えます。

また「手数料」についても、リーズナブルな業者があるので、比較サイトなどでより良い業者を見つければ、ムダな費用を無くして安全に売掛金が現金化できます。

7. 銀行融資も合わせて申請できる

ファクタリングを利用し、素早く資金繰りの問題を解決すれば、付き合いのある銀行との関係も、より良い方向へシフトすることでしょう。

銀行との関係が改善されれば、銀行融資の融資審査が通るタイミングが早まったり、その他銀行や金融機関との関係性も良くなります。

また、ファクタリングだけでなく、ビジネスローンなど「複数のサービス」を併用すれば、資金面での「更なる安心」が生まれます。

資金調達のアドバイザーがおすすめするのは、審査が速いビジネスローンとファクタリングサービスを組み合わせる方法です。

両方に申込をしておけば、仮にどちらかの審査がダメだった場合でも(資金)ショートに悩まされることなく、安心して必要な資金が受け取れます。

8. 事業赤字の場合や債務の超過、支払いの滞納中であってもサービスが利用できる

事業が「赤字経営」の方や、債務超過している方、各種支払いが滞納中の方でも、取引先の業績さえ安定していれば、問題なくファクタリングが利用でき、スピーディーに資金調達が行えます。

事業資金の運用が上手く行かず、銀行融資やノンバンク融資の審査が通らない方は、ぜひ便利な「ファクタリングサービス」を利用し、詰まった「お金の流れ」をスッキリ通してあげるようにしましょう。

一旦、お金の流れが生まれれば、事業の流れも、より良い方向へ流れる可能性が高いです。

もちろん、資金繰りには計画性が問われますが「事業に関わるお金のトラブル」をリセットしてやり直すことは、停滞した流れを変えるチャンスにもつながります。

9. 資金調達まで最短1日で済む

ここまで何度も説明した通り、ファクタリングを利用すると『最短1日で資金調達』できます。

銀行融資や他の融資制度等と違い、3週間?1ヶ月以上融資までを待つ必要もありません。また、審査が長引いて資金調達まで時間がかかる危険性も無いので安心です。

もちろん、スピードを売りにした消費者金融ローンには、審査が早いサービス(=即日融資、スピードローン)や商品もあります。しかし、ファクタリングは、売掛け金を現金化するので、返済の義務が発生しません。

月々の返済金でお困りの方も、ぜひ「返済義務のないファクタリング」で、安心できる毎日を手に入れましょう。

10. 他の金融機関、ノンバンク、ビジネスローンと審査基準が異なる

例えば銀行融資の場合、私たち企業の「支払い能力」をもとに審査が行われます。

しかし、ファクタリングサービスの審査は「売り掛け先」が支払えるかどうかが基準になります。売掛金の現金化が決定されます。

もちろん、私たち企業への調査が「全くない」訳ではありません。

信頼できる企業かどうかは、ある程度調査が行われます(※ ただし、金融機関の審査ほど厳しくは無い)。

このため、金融機関の審査が通らないような「経営状況」の方でも、ファクタリングサービスを利用すれば、高い割合で、希望する資金が受け取れるので安心です。

△ページトップに戻る

ファクタリングを120%活用する秘訣

ここまで、ファクタリングの特徴や仕組みについて説明しました。いよいよここからは、本記事のテーマである『ファクタリングを120%活用する秘訣』について、説明しましょう。

ファクタリングを120%活用する秘訣

① ファクタリング業者は、複数から「最も良い一社」を選ぶこと!
② 遠方でも手続きが早く、現金化までのスピードが早い業者を選ぼう
③ 手数料よりも「安心」を重視すると、資金調達で失敗しない!

①~③について、順に解説します。

① ファクタリング業者は、複数から「最も良い一社」を選ぶこと!

ファクタリング業者を選ぶ時には、複数の業者で、手数料や審査のスピードを比較しましょう。また実際に利用した人の声や口コミを参考にすれば、どの業者が信頼できるのか簡単にチェックできます。

時間がない方は、ファクタリングの比較サービスや「ファクタリング業者」についてまとめたポータルサイトを利用すると良いでしょう。

このほか、事業資金についてコンサルティングを行う、専門家のブログやメルマガなどを活用するのも賢い「時短」テクニックと言えます。

ぜひ『比較ツール+専門家の意見』をフルに活用してみてください。

② 遠方でも手続きが早く、現金化までのスピードが早い業者を選ぼう

ファクタリング業者の多くは、遠方からの申込にも対応しています。申込をする場合は、最短「どのくらいの時間で、手続きができるのか」事前に確認してから申込をしてください。

この場合、ネットで手続きできる業者を使えば、郵送やFAXよりも素早く、手続きが完結します。

※ファクタリングの「ネット申込」はパソコンだけで無く、スマートフォンからも手続きできるので便利です。

③ 手数料よりも「安心を手に入れる」ことを重視すると失敗しない!

手数料が安ければお得という訳ではありません。記事の前半でも説明しましたが、取引先は倒産した場合でも「売掛金を買い取る必要」が無い方が、いつまでも安心です。

このため、多少手数料を支払ってでも「安心できる」ファクタリングを利用してください。

手数料は「保険」だと思えば、多少の費用が掛かっても、トータルで「得している」ことに気が付かれるでしょう。

①~③のポイントを押さえておけば、ファクタリングサービスが120%フルに活用できます。ぜひ、資金繰りの改善にお役立てください。

△ページトップに戻る

番外編・ファクタリングのお役立ち用語集

最後は、番外編として『ファクタリングで役立つ用語』をいくつか紹介しておきます。

ファクタリング・お役立ち用語集

売掛金(うりかけきん) 売掛金(うりかけきん、accounts receivable)は、掛取引によって商品を販売した場合に代金を受領する権利(債権)をいう。 Wikipedia「売掛金」
売掛債権(うりかけさいけん) 売掛債権は、「売上債権」や「営業債権」とも呼ばれ、企業の通常の営業活動などによって、商品やサービスを顧客に販売したものの、まだ受け取っていない代金を請求できる権利のことをいいます。 これは、企業(会社)の貸借対照表上の資産の一つで、具体的なものには、「売掛金」や「受取手形」などがあります。売掛債権とは|金融経済用語集
受け取り手形(うけとりてがた) 掛け取引によって商品を販売した場合における、代金を受領する権利(債権)を、総称して売上債権という。 そのうち、当該債権について手形を保有している場合には受取手形、そうでない場合には売掛金として区別される。受取手形 - Wikipedia
償還請求権(しょうかんせいきゅうけん) 償還請求とは、手形が支払い義務者によって支払われないことが明らかになったときにとられる債権保護のための法的な処置のことをいいます。外国為替の基礎知識・超入門ガイド「FX用語集」より
ファクタリング手数料 企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。iFinance「ファクタリング」
割引率(わりびきりつ) 割引率とは、将来の価値を現在の価値に直すために用いる率のことをいいます。 利回りを考慮すれば現在の通貨の価値と将来の通貨の価値とでは価値が違うために、将来の通貨の価値を現在の通貨の価値に換算するために用いる率のことを指します。割引率とは - 会計用語 Weblio辞書

このほかにも、ファクタリングをはじめ、金融に関する用語はたくさんあります。上記以外の分からない言葉については、以下のサイトを参考に調べてみてください。

参考サイト:金融経済用語集-iFinance

△ページトップに戻る

まとめ|ファクタリングを120%活用する秘訣

今回は、ファクタリングの仕組みやサービスを120%フル活用する方法について、解説しました。

ファクタリングは『法人の資金繰り改善』に、最も役立つ方法の一つです。運転資金の資金調達でお困りの方は、ぜひ便利なファクタリングを利用してみてください。

本記事で紹介したファクタリングで、今スグ1,000万円を調達したい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみて下さい。ファクタリングなら、最短1日で必要な資金が調達できます。

△ページトップに戻る

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。