【直接金融による資金調達】株式と債券の違いとは?

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 【直接金融による資金調達】株式と債券の違いとは?

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【直接金融による資金調達】株式と債券の違いとは?

金融機関からの融資以外の資金調達法としてよく知られているのが株式の発行と、社債の発行です。

資金調達のために株券や債券を発行するという点では手段は同じですが、株式の発行と社債の発行には大きな違いがあります。

それは株式の発行は借金ではありませんが、債券の発行は借金であることです。

株式の発行による資金調達法は、投資家から資金の提供を受けて株式を割り当てます。

この方法は借金ではありませんから、お金を返済する必要がありません。

一方の債券の発行の場合は、会社や一般投資家から借金をします。

このときに借用証明書の役割をするのが社債です。

ですから債券を発行する際には利子の割合や利子の支払日、返済期日を決めなければいけません。

そして決めた通りに利子を支払い、満期になると全額返済をする必要があります。

ただし元本の返済は、満期日に全額支払うのが一般的なので、それまでの期間は返済資金の心配がありません。

このため債権によって得た資金によって収益を上げれば、返済負担は少なくなります。

一方の株式は、借金ではありませんから利子の支払いや元本の返済に悩まされることがありません。

借金ではないので財務面も良好です。

ただ中小企業の場合は、出資者を募るのが難しいのがデメリットです。

また出資者が利益を得るためには株価を上げなければならない、出資者が経営に対して口を出すため自分が思うような経営ができなくなる可能性があります。

創業融資の無料相談はこちら。創業融資サポートサービス

審査通過率90%。平均融資金額1000万円以上。公認会計士資格保有のプロフェッショナルが対応。

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士事務所WITHNESS All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。