残業代請求の無料相談が出来る場所

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 未払いの残業代請求完全マニュアル
  3. 第6回 残業代請求の無料相談が出来る場所

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

失敗しない!未払い残業代請求手続き完全マニュアル

目次

第6回 残業代請求の無料相談が出来る場所

残業代の未払いは、会社員にとって重要な問題です。大切な時間と労働力をタダで会社が使う違法行為ですから、残業代の支払いを求める権利があります。

しかし会社に残業代を支払うよう求めても相手にしてもらえない場合は、一人で悩まず第三者に相談して、解決の糸口を見つけましょう。残業代の請求について、無料で相談を受け付けている機関がいくつもあります。

まず、行政が提供しているサービスです。

厚生労働省が各都道府県に、総合労働相談コーナーを設けており、専門の相談員が電話や面談での相談を行っています。

また、会社の所在地を管轄する労働基準監督署または都道府県の労働局に報告して対応してもらうことも可能です。

しかし労働基準監督署や労働局では、労働基準法に違反している会社を取り締まるのが本来の業務ですから、相談にきめ細かく対応するというよりも、違反している会社を監督し指導することになります。

つまり、個別の相談というよりも、自分が働いている会社が違反企業であると労働基準監督署に申告をすると言ったイメージです。

このため、思うような解決(自分の残業代だけを請求したい)が得られない場合もあるので注意しましょう。

また、労働基準監督署に相談する場合は、タイムカードや給与明細書など、会社が残業代を支払っていない証拠をそろえて提出する必要があります。

具体的で詳しい証拠があると信ぴょう性が高く、未払い金額が大きいほど重大案件として扱われます。

このため、一人だけで労働基準監督署に行くよりも、同僚数人分の証拠をそろえて残業代の未払いを報告する方が効果が高いのです。

そして、こちらの言い分が認められれば、労働基準監督署が会社に対して、残業代を支払うよう勧告してくれます。

しかし、あくまでも指導的な勧告ですから、法的な強制力はありません。

ブラック企業など悪質な会社であれば、社員の訴えを無視するのと同様、労働基準監督署の勧告も平気で無視をすることも多いので注意が必要です。勧告を無視するようなら、法的な解決法を選ぶしかありません。

労働問題の紛争では、さまざまな法的解決法があります。

しかし弱い立場の従業員が個人で会社と争っても、満足の行く解決に至るのは困難です。労働問題を専門に扱う法律事務所に相談することをおすすめします。法律事務所に実際に依頼すると費用がかかりますが、依頼前の無料相談を行っているところがたくさんあります。

インターネットから無料相談が申し込めるので、気軽に相談されてはいかがでしょうか。

不当な残業を強いられたのに泣き寝入りをしてしまった…という結果にならないよう、まずは政府の機関や自治体、法律事務所などに相談してみましょう。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。