残業代請求訴訟と弁護士費用の相場

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 未払いの残業代請求完全マニュアル
  3. 第14回 残業代請求訴訟と弁護士費用の相場

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

失敗しない!未払い残業代請求手続き完全マニュアル

目次

第14回 残業代請求訴訟と弁護士費用の相場

残業代請求で気になるのが、弁護士費用です。

弁護士に支払う報酬はわかりにくく、弁護士事務所によっても報酬システムや金額が異なります。

弁護士報酬は、1つの案件につき○○円と金額が決められているわけではなく相談料、着手金、手数料、実費、成功報酬などに分けて計算されるのが一般的です。

大まかな相場は弁護士への相談料が30分5,000円、着手金が5万円~10万円、成功報酬は回収できた残業代の20%前後程度です。

会社との交渉がうまくいかずに労働審判になった場合は15万円~20万円、民事訴訟となった場合は20万円~30万円程度が相場となります。

つまり、30分の面談で弁護士に未払い残業代について相談し(5,000円)、残業代の計算や会社との交渉をしてもらい(5万円~10万円)、労働審判で(15万円~20万円)で100万円の残業代が支払われた(100万円の20%)場合、40万5,000円程度の費用がかかると考えておきましょう。

しかし法律事務所によっては、最初の相談は無料、着手金0円、成功報酬のみで依頼を受けているところもあります。

法律事務所によって費用は大きく異なるので、あくまでも一般的な数値として参考にしてください。

また、弁護士に依頼するときは、複数の法律事務所の費用を比較することをおすすめします。

残業代の請求は、まず残業代が幾ら支払われていないのかを計算し、会社側と任意交渉を行って、支払うよう求めます。

交渉を行っても相手が納得しない場合は、労働審判を申し立てるか、民事訴訟を起こして争うことになります。これらの作業をすべて弁護士が行うのですから、それなりの費用はかかるのは当然です。

弁護士事務所選びでは報酬の安いところを探す人が多いのですが、費用の安さだけを弁護士選びの基準にすると、かえって損をする場合があります。

例えば弁護士費用が30万円のAという法律事務所と、弁護士費用が50万円のBという法律事務所があったとします。

A事務所は残業代請求の実績がほとんどなく交渉能力が低かったため、残業代が100万円しか戻ってきませんでした。

しかしB事務所は労働問題に詳しく経験も豊富だったので、交渉によって200万円の残業代が返ってきました。

どうでしょうか、20万円の弁護士代を節約したために、本来なら200万円の残業代が返ってくるところを、半額の100万円しか取り戻せなかったことになります。

これは極端な例ですが、交渉能力の高さや、親身になって相談に乗ってくれる熱意なども、弁護士選びの重要な判断材料です。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。