融資申請の際のポイントは5つ!自己資金、不動産担保、保証人、事業計画書、面談。

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 国民生活金融公庫の融資申請5つのポイント

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

国民生活金融公庫活用術

目次

その4. 国民生活金融公庫の融資申請5つのポイント

国民生活金融公庫が比較的借りやすい金融機関とは言っても、あくまでも「銀行に比べたら」という話であって、何でもかんでも借りられるというわけはありません。

以下、ポイントを1つずつ簡単にみていきましょう。

ポイント1.自己資金

新創業の場合、原則として融資希望額と同額の自己資金を用意する必要があります。

※多いに越した事はありませんが、融資希望額と同額の自己資金を用意できない場合でも、最低、借入希望額の20%以上の自己資金は用意しておきたいものです。

ポイント2.不動産担保

借入れが2,000万円、3,000万円と大きくなれば保証人だけでの借入れは難しく、一般的に担保が必要となります。

しかし、1,000万円位までの少額の借入れであれば保証人だけでも貸してもらえます。

国金からの平均借入額が300~500万円であることを考えると不動産担保はそこまで心配する必要はないでしょう。

ポイント3.保証人

国民生活金融公庫からの借入れに際しても、保証人は必要となります。

実際には、不動産担保が十分あれば保証人なしでも貸してもらえますが、一般的に国民生活金融公庫にお金を借りに行く事業者は不動産担保を用意できないケースが多いようです。

当然、国民生活金融公庫もそのあたりの事情を理解していますので、少額の資金を「担保なし・保証人のみ」で貸し付けるケースが標準的なものとなっています。

保証人の資力は、銀行やノンバンクほど重要視されません。

これは、国民生活金融公庫の貸付額が、サラリーマンでも代位弁済できる程度の金額(500万円程度)であることが理由だと考えられます。

上記理由のほかに、保証人は不動産などの物的担保に比べ、設定手続きが簡単で債権回収リスクを極小化できるのでほとんどの場合に求められます。

(ただし、国金の融資制度の中には保証人を求められない制度もいくつかあります。)

ポイント4.事業計画

実際は融資額が上記例のように数百万の場合は自己資金額に関わらず融資してくれる場合もあります。

その際のポイントの一つが事業計画です。

ここで言う事業計画書とは、国民生活金融公庫の用意している「開業計画書の雛型」のことではありません。

その他、収支計画表、資金繰表などを含めた、あなたのビジネスについて具体的な数字と熱意で伝えるものです。

これをおろそかにすると、融資額どうのと言った話ではなく、融資自体実現しません。

※書類として整えるかどうかは別としても、面談のためにも必ず把握しておきましょう。

国民生活金融公庫から融資を受ける際には、今後の事業計画が重要視されますので、どんな仕事をして、どれだけ儲けて、どのように返済していくかも示す必要があります。

後の融資の面接の際にも、キッチリ作った事業計画は活きてきます。

融資申請に当たっては、以下の事について十分に検討した上で申し込みましょう。

  • 開業動機・目的、将来的なビジョン
  • 市場調査に基づく販売計画
  • 仕入計画
  • 資金計画
  • 売上予測
  • 収支計画
  • 返済計画

事業計画は各業種、自己資金額、借り入れ可能額などにより数字や記入法は変わってくるので具体的な記入例はここでは割愛します。

始めての方には多少難しいかもしれませんが、完璧な書類を仕上げる必要はありません。

面談の際には国金の方でもわかりやすい質問で答えを導いてくれます。あくまで、「面談」の際にきちんと、明確に答えらるように事業計画書をしっかりと作るのです。

ポイント5.面談

借入れの申し込みをしてから約1週間後に、国民生活金融公庫の担当者と面談することになります。

面談では、決算書・事業計画書に基づき、これまでの事業の実績を質問されるほか、借りた資金をどのように事業に活かして行くのか、どのような収支が見込まれ、どのように返済して行くのかといった計画について質問されます。

国民生活金融公庫の担当者は融資の審査のプロですから、必要な事項は漏れなく質問してきます。

反対に、こちらは、面談のプロではありませんから、上手に答えることができないことも多いでしょう。

しかし、その場合でも国民生活金融公庫の担当者が、キチンと答えを導き出せるように手助けしてくれます。

面談の際には、事業の状況をありのままに話し、希望を率直に伝えるのが良いでしょう。

NEXT>>>国民生活金融公庫融資申請のタイミング

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。

下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。

【街角法律相談所】債務整理無料診断シミュレーター

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

日本政策金融公庫融資ドッコムへ

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。