徹底解説!今更聞けないブラックリストって何?

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 徹底解説!今更聞けないブラックリストって何?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

日本政策金融公庫(旧・国民生活金融公庫)コラム

目次

徹底解説!今更聞けないブラックリストって何?

経営者にとって、希望したタイミングで「お金を借りること」は不可欠です。

資金繰りはすべて売上と利益と支出の「現金のみの収支」で対応できるものではなく、売上は2カ月先まで入ってこない一方で、支出は月末に控えている、という状況は頻繁に発生します。

お金を借りるまでの行動をしなくても、支出を先延ばしにするツールがクレジットカードやデビットカードです(本稿ではクレジットカードとして統一します)。

ところが経営者のなかには(経営者に限った話ではありませんが)、お金を借りられない人、クレジットカードを新規作成できない人が存在します。それが「ブラックリスト」に掲載された場合です。

1、ブラックリストとは?

ブラックリストという言葉はとても世の中に浸透しているため、てっきり(黒い)ノートがあって担当者がそのなかに借入金やクレジットカードの申込者が掲載されていないか確認する。そんな印象をお持ちでしょうか。

実は、金融機関をはじめどこにも「ブラックリスト」というものは存在しません。

クレジットカードを申し込んだ場合、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。

その登録者が一定期間返済が滞ったり、破産が生じたりした場合、事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報という言葉を使うことも)」として登録されてしまいます。

この事故情報に掲載されている人を、通称ブラック情報に掲載されている人、転じてブラックリストという言い方をするようになりました。

それでは具体的にどのような人がブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか。

2、ブラックリストに掲載される基準

この基準は一般的に公表されているものではありません。

ただ、さまざまな人の話をまとめると、過去に返済が3回以上滞った人、長期返済や債務整理の手続きをされた人は信用情報機関に掲載された情報に「信頼を著しく損ねる行為があった」として特記事項に「事故情報」が掲載されることとなります。

信用情報機関は、銀行や消費者金融、信販会社などが加盟会員となっています。

これらの会社から事故情報の照合依頼があると、事故情報として告知するという流れです。

もちろん、これまでクレジットカードを作っていない人、金融機関から借入を起こしていない人は、まずブラックリストには掲載されません。

なお、ブラックリストに掲載されると行政に管理される、税務署に周知される、年金から差し引かれる、という先入観を持たれる方もいますが、ブラックリストはあくまで「借入金や月賦払いの申込停止」のみです。

それ以上の社会的制裁が課せられるものではありません。

3、ブラックリストに掲載される内容

事故情報に掲載されるのは、主に以下の情報といわれています。

  • 長期延滞(主に3カ月以上)があるか
  • 特定調停をしているか
  • 個人再生をしているか
  • 自己破産をしているか

特定調停とは借入金をした人(借主)の返済が滞りそうな場合、裁判所が借主と債権者や保証人などのあいだに立ち、借主が経済的に自立できるようサポートする制度です。

同じく裁判所手動で行う債務整理を個人再生(民事整理)、借金の返済を不能状況として裁判所に法律上の返済を免除してもらう制度が自己破産です。

これらの手続きは裁判所と借主との再生プロセスであるものの、借主が返済スケジュールのなかで更なる借入を起こすことで深みにはまることを避けるため、ブラックリストに掲載し借入ができない状態となっています。

4、ブラックリストの掲載を消すには

では、ブラックリストに掲載されているという事実を消すことはできるのでしょうか。

ブラックリストを消す方法は他ならぬ「債務整理」をすることです。

先にお伝えした債務整理や個人再生によって債務が完済され、一般的には5年前後の時間が経過すると、ブラックリストの掲載から消えるといわれています。

事故情報は請求により開示することができます。

開示先はCIC(株式会社シーアイシー)、JICC(日本信用情報機構)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)があります。

請求先によってはその日のうちに掲載の可否がわかる「即日開示」のところも。

ただ、「全国銀行個人信用情報センター」の事故情報は、債務整理から10年前後の時間が経過しないと、消えないといわれています。

なお、よく「ブラックリストを消します」という甘い言葉で声をかけてくる悪徳業者がいますが、ブラックリストを消す裏技は存在しません。

うっかり騙されないようにしてくださいね。

ブラックリストに掲載されてから消すのに労力をかけるより、ブラックリストに掲載されないことが一番です。

いまは1枚もクレジットカードを持っていない人が少ない時代になりました。定期的な返済と借入金管理はしっかりと進め、ブラックリストに掲載されないよう管理することが大切です。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。

下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。

【街角法律相談所】債務整理無料診断シミュレーター

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社設立ならお任せください!全国の企業家の皆様を応援します!
株式会社の設立をご希望の方合同会社の設立をご希望の方
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。